丹沢の山歩き

アクセスカウンタ

zoom RSS 新潟の最高峰、小蓮華山と白馬岳 2017年7月19,20日

<<   作成日時 : 2017/08/02 21:54   >>

ナイス ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 2



栂海新道への入り口 雪倉岳(右) 朝日岳(中央奥) 栂海新道へは一度は行きたいと思いつつふんぎれない。
画像


小蓮華山からのパノラマ (クリックすると大きくなります。)
 左遠く鹿島槍 白馬鑓と杓子が重なり 白馬 三国境 一番右 鉢が岳
 鹿島槍と白馬鑓の間に穂高 白馬鑓と白馬の間、奥に立山
画像

鹿島槍周辺拡大 この時期こんなにくっきり見えるのは珍しい。
 鹿島槍 右奥は穂高連峰と槍ヶ岳 五竜 唐松は鹿島槍に重なりわかりにくい。
画像

イガイガさん恒例の丹沢外山行、今年は白馬にしました。栂池から白馬大池、白馬に登り大雪渓を下るコース。
白馬は10回ほど行っていますが白馬大池経由は今回初めてなので楽しみです。

コース図 (国土地理院地図対応版
 1日目  2日目   設定 距離:15m  拡大、縮小、移動ができます。
   
コースデータ
 7月19日  総距離: 3.66km 所要時間:3h07m  累積標高差 +617m −  90m
 7月20日  総距離:11.88km 所要時間:6h35m  累積標高差 +720m −1861m

コースタイム
7月19日
 平塚 5:00 厚木IC 圏央道 中央道 長野道 安曇野IC 八方第2駐車場 8:30−9:35 
 バス 栂池高原BS 9:50 ロープウエイ2本 栂池自然園 10:30〜40 天狗原 11:45-12:12
 乗鞍岳 13:04-13:23 白馬大池山荘 13:48 (泊)
7月20日
 白馬大池山荘 起床 4:30 食事 5:00〜 出発 5:37 船越の頭 6:34−40 小蓮華山 7:29−35
 三国境 8:11−19 白馬岳 9:00−15 白馬山荘 9:25 稜線分岐 9:34 小雪渓 10:04  大雪渓 10:30
 雪渓末端 11:30 八方の湯 蕎麦屋  安曇野IC 相模湖IC  平塚 18:30

7月19日(水) 栂池高原〜天狗原〜乗鞍岳〜白馬大池山荘(泊)

ゴンドラとロープウェイで登山口まで。 (楽しすぎ〜)        ビジターセンター横の登山口から出発。 
画像画像

天狗原から乗鞍岳 ここを登って行く                   風吹大池への分岐
画像画像

敷き詰められたような岩を伝って上る。 後ろは天狗原       雪田の登り 天気が良くなってきた。
画像画像

左 乗鞍岳 溶岩ドームのようなだだっ広い高原状の山頂                          
 右 白馬大池 北アルプスでは風吹大池に次いで2番目に大きい湖で火口湖かと思ったら堰止湖らしい。
    中央の赤い建物が白馬大池山荘
画像画像

白馬大池 結構水はきれいに見える。山荘の飲料水はこの水をろ過消毒して使っているそうだ。
 右 白馬大池山荘 この日平日だがまあまあ混んでいて4畳に3人 まあ許容範囲かな。
画像画像

小屋前のテント場 混んだ小屋よりはよっぽどいいかも。 天気さえよければね。
またここはテント宿泊者にも食事を提供してくれるので荷物はそう多くならなくていい。
画像


7月20日(木) 白馬大池〜小蓮華山〜白馬岳〜大雪渓〜下山

朝食 これ以外に煮物が2種類あり、おいしくいただきました。夕食が期待外れだっただけにやたらおいしい(笑)
夕食 右 カツカレー。スプーンなのでカツが切りにくく、杏仁フルーツはカレーのスプーンで食べるとは?!。
     ちょっと寂しいかな。
画像画像


今日は快晴 気温は低いが風が弱いので薄い長そででも大丈夫
ちょっと登ると小蓮華山が見えてきた (パノラマ クリックすると大きくなります)
   左 小蓮華山 奥中央 低いのが鉢ヶ岳 右 雪倉岳 そして朝日岳
画像

白馬大池
画像

小屋周辺から上は高山植物だらけ、今年は雪が多いので花も豊富、ここ数年より遅れ気味とのこと。
コマクサと雪倉岳
画像

雲海の上に新潟の山 左から 焼山 火打 一つ飛ばして(これは雲?) 妙高 
画像

北アルプス南部も見えてきた。 左端 鹿島槍は良く目立つ 手前に五竜、唐松が重なり 右は白馬鑓、杓子
画像

新潟の最高峰 小蓮華山から白馬岳 新潟には魅力的な山が多いが最高峰はこの山、単独峰なら目立つだろうが白馬のそばでひっそりとしている。
画像

小蓮華山からのパノラマ トップと同じ  (クリックすると大きくなります。)
 左遠く鹿島槍 右奥、穂高の山々 右奥 立山 白馬鑓と杓子が重なり 白馬 三国境 一番右 鉢が岳
画像

なだらかな尾根を白馬目指して歩きます。 晴れていればこそのこの景色
画像


三国境の上から小蓮華山を振り返る
画像

立山 剣が見えてきました。このころになるともやがかかってくっきりとはいかず。
画像

三国境と白馬岳の間に雪があると厳しいところがあると聞いていましたが、白馬大池から白馬岳まで登山道に全く雪はなく問題なく歩けました。


白馬山頂 団体さんが出発すると静かでした。          旭岳 ここも課題の一つ。
画像画像

白馬山頂直下から 左に杓子 白馬鑓 正面は白馬山荘 奥は 剣 立山
画像

稜線分岐、正面は旭岳の横を通り黒部へ。
画像

白馬村営、白馬岳頂上宿舎 ここはその昔かなりお世話になりました。
画像

いつも目をひく杓子のピナクル
画像

小雪渓のトラバース 今年は幅が広い
画像

大雪渓上部 この時期にしては大雪渓はかなり上まで伸びていてシュルンドもできています。
画像

大雪渓の下り 平日なので人は少ない
画像

画像

大雪渓末端近くにも長いシュルンドが出現 幅は30センチぐらいなのでまたげるし今のところ問題ない。
画像


関東、甲信の梅雨明けと同時に白馬に入り、好天に恵まれすばらしい景色を見ることができました。
また、この時期白馬は高山植物の宝庫、今回も多くの花を楽しむことができました。
イガイガさんも大いに楽しめたのではないでしょうか。同行ありがとうございました。


今回の花の写真 名前は間違っているかもしれません 悪しからず)
白馬大池付近
 チングルマ イワカガミ ナナカマド ハクサンイチゲ ミヤマキンポーゲ ハクサンコザクラ チシマギキョウなど
画像

白馬大池〜小蓮華山付近
イチゲとシナノキンバイ コマクサ ミヤマダイコンソウ ゴゼンタチバナ イチゲ、チングルマ イワカガミの花畑
イチゲダイコンソー など
画像

小蓮華山〜白馬岳付近
 ウルップソウ アオノツガサクラ ダイコンソウ群落 ミヤマクワガタ
画像

小蓮華山〜白馬岳付近その2
ミヤマアズマギク イワベンケイ イワベンケイとウルップソウ群落 ミヤマオダマキ
画像

白馬尻小屋付近(ツガザクラは白馬岳付近)
ツガザクラ サンカヨウ キヌガサソウ
画像


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
同じ日に出発した八ヶ岳高原は、
白馬ほどスッキリしたお天気に恵まれませんでした。

花の写真、楽しみにしています♪
はっぴー
2017/08/04 20:21
当日は北の方ほど天気が良かったようですね。

花の写真アップしました。
撮影は適当ですので期待しないで見てください。
kaz
2017/08/05 16:16

コメントする help

ニックネーム
本 文
新潟の最高峰、小蓮華山と白馬岳 2017年7月19,20日 丹沢の山歩き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる