丹沢の山歩き

アクセスカウンタ

zoom RSS 1月の丹沢 2018年1月

<<   作成日時 : 2018/01/11 09:13  

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0



1月17日 三浦半島 大楠山

午後から雨の予報が七沢では朝から雨で、丹沢の予定を急遽変更し三浦半島へ。
読み通り天気はまあまあ。
海のそばはやはり暖かいようで、桜が咲いていました。(寒緋桜の一種だとは思いますが)
画像

この風景はこの辺ならでは
画像



1月16日 三国山〜生籐山〜陣馬山

今日も朝は寒く昼間は風もなく妙に暖かい一日でした。
陣馬山系は久しぶりの訪問となります。
神奈川。山梨、東京の都県境、三国山から富士山 三ッ峠山
画像

陣馬山系では生籐山、陣馬山が有名ですが最高峰は茅丸 1019mです。
また生籐山(しょうとうさん)は、地元では きっとさん と呼んでいたとは初めて知りました。
画像

いい感じの稜線です。これを見ると春はもうすぐという感じですがまだまだ寒い日が来るでしょうね。
画像

陣馬山から生籐山方面 雲取山は木がなければ見えます。
画像



1月15日 物見峠

今日午前中は物見峠まで、朝の寒さも日が出ると穏やかになり、昼間はすっかり春の陽気になりました。
でも上の地面はガチガチに凍っていました。
画像


トラバース路は上からの土砂で埋まったり柵が崩れたりしていて荒れているように見えますが、歩いてみると
そんなに悪くはありません。
画像



1月10日 大倉尾根

今日は大倉尾根下部での作業。 時間がなく塔ノ岳まではいけませんでした。
日差しのあるところは暖かいものの気温は低く風が当たるところは非常に寒い。

冬枯れの表尾根、ここにびっしり雪がつくと結構迫力があります。
画像

登山道はカラカラ、一部凍結していました。
画像


1月9日 砂嵐?の湘南海岸
登山道ではありませんが関東ふれあいの道、神奈川区間No6 片瀬江ノ島〜茅ケ崎柳島 約11km
海を見ながらのんびり歩けるかと思っていましたが、とんでもない。

潮、砂が風で飛びぼやけている江の島
画像

風速20mを越える風が吹き荒れ海岸に出ると砂嵐状態。海岸を歩いて調査でしたがとても歩ける状態ではなくR134を歩いてポイントポイントで海岸に出て調査としました。ほんの数分出ただけでも目、鼻、口、耳、服の間から体の中、ポケットまでも砂だらけ。また台風中継さながら、風にあおられる状態でした。

前日の久しぶりの降雨で富士山もかなり白くなりましたが、ぼんやり見えます。
画像

海岸にはサイクリングコースがありますがすっかり砂に埋まって路面はほとんど見えません。
場所によっては1m以上も積もっている状態でした。

R134は両側に防砂林がありここを歩いている分には風は弱くまあまあ快適ですが時折上から砂が舞ってくる状態でした。防砂林の効果は絶大です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
1月の丹沢 2018年1月 丹沢の山歩き/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる